ここ最近なにかと騒がしいyoutubeですが、ついに収益化に関する規約に対して本腰を入れだしてきました。

あくまでyoutubeという媒体を提供している側に過ぎないGoogleですが、度重なるユーザーによる問題行動、あるいはGoogleの失態、などなど多岐にわたる問題が起きていました。

youtubeの収益はユーザーが投稿した動画に表示される《アドセンス》です。

アドセンスは、ターゲティング広告というもので、動画を見ているユーザーに対して適切な広告を表示するものとなっています。

しかし、この広告が誰だどんな動画をアップロードしようが否応なしに表示されるものですから、過激な動画など、広告を出している企業にとってマイナスイメージとなるような動画に表示されるという問題から、大手企業がyoutubeの広告出稿から撤退するという、広告収入で成り立つGoogleには非常に痛い出来事が起きました。

さらには、いたずらや過激な動画等で稼いでいるyoutuberに憧れ、迷惑行為によって動画の視聴回数を稼ぐなどを行う輩の増加。

こういった問題に対応すべく、ここ1年でyoutubeの収益化に関するルールが目まぐるしく変更されていきました。

黄色いドルマーク、1万回の再生回数・・・

新しい収益化に関するルール

そして今回、新しい規約が発表されました。



過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上

これは、何やら難しそうな数字に思えますが、分で換算すると、240,000分です。

過去12ヶ月間という言い方であるため、まさか収益化できるのは1年後・・・?

と思ってしまいますが、違います。

簡単に言ってしまえば、もう1つの条件とともに早期に総再生時間が4,000時間を超えれば収益化できます。

例えば、2〜3ヶ月で2つの条件を満たせば収益化を行うことができます。

チャンネル登録者が1,000人以上

総再生時間と違って、意外とこちらが難関・・・。

再生時間は正直気にしなくても、ほとんどの場合簡単に条件をクリアできると思います。

しかし、チャンネル登録者となると話は違います。

こちらは、再生回数や再生時間が多かろうが、比例して増えるというわけでもありません。

ココらへんを工夫しないと、苦労してしまうかと思います。

youtube実践者に与える影響

今回のことで、僕達に来る影響ですが、質の悪いyoutube実践者は淘汰されていくことになります。

それは、良い面で捉えれば、市場が空いて参入しやすくなるとも言えます。

「youtubeはもう終わりか・・・」と悲観する方もいますが、こういった大きな変化というのは、Twitterアフィリエイトでも同じことが起きた過去があります。

アカウントをとにかく量産しまくってアフィリエイトする手法が最初の頃は流行りましたが、Twitter側が対策を立て、アカウントの量産やツールの使用に関して厳しくなりました。

その時も、「Twitterはもう終わりか・・・」と騒がれていましたが、質の悪いTwitterアフィリエイターは消え、新規参入しやすくなったと考えた方が今Twitterアフィリエイトで稼いでいます。

youtubeも、Twitterと同じことが今、起こっているだけです。

厳しくなるからこそ参入すべき理由

僕からすれば、今からyoutubeに参入する人は有利だと思います。

なぜなら、この新しい収益化の審査基準が、これからの実践者にとっての”基準”となるからです。

初期からyoutubeに参入している人からすれば、前に比べて随分稼ぎづらくなった、と思うでしょうが、今から参入する人からすれば、今の現状のyoutubeしか知らないわけです。

そういう厳しい現状が当たり前と感じることで、レベルの高い段階からスタートすることができます。

問題は、厳しくなるちょっと前にyoutubeに参入して、数百円、数千円という報酬を上げて、これからだ!って時の人です。

恐らく、かなりモチベーションが落ちたことでしょう。

しかし、逆に成長するチャンスだと思って、しっかりと取り組んでいきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事