ムームードメインで取得したドメインをエックスサーバーに設置した後は、いよいよ『wordpress』をインストールします。

wordpressは、初心者の方でもとても簡単にブログやサイトを作れる、ウェブ上で動くサイト制作ソフトです。

利用できるwordpressテーマ(テンプレート)も非常に豊富で、バラティーに富んだサイト作りが可能となっています。

今回は、エックスサーバーに設置されたドメインにwordpressをインストールする方法を具体的に解説していきます。

エックスサーバーの『自動インストール』について

エックスサーバーには、wordpressのインストールを簡単に行えるように、『自動インストール』というサービスがあります。

FTPソフトなどで、wordpressのファイルを直接アップロードするやり方もありますが、wordpressをインストールするくらいでしたら、自動インストールにした方が早いです。

それでは、まずエックスサーバーにログインします。

s

インフォパネルにログインすると、自分が契約しているサーバーが表示されますので、サーバーパネルの《ログイン》を押します。

s

設置してあるドメインを選択

サーバーパネルに移動できましたら、一番左下にあるメニューの《設定対象ドメイン》を、wordpressをインストールしたいものに変えましょう。

s

ドロップダウンメニューからwordpressをインストールしたいドメインを選択する

 

s

wordpressをインストールしたいドメインを選択したら、《設定》するを押しましょう。

自動インストールするプログラムを選択

対象ドメインを選択できましたら、次は《ホームページ》という項目の中の《自動インストール》を押します。

s

そうすると、現在選択したドメインにwordpressがインストールされているかなどの情報が出てきます。

s

タブの《プログラムのインストール》を押します。そうすると、wordpressを含め、様々な、サイト作成プログラムが表示されます。

s

今回は、wordpressをインストールしますので、wordpressの《インストール設定》を押しましょう。

インストールするブログの設定

そうすると、ブログ名やユーザーID、パスワードを設定するページへ行きます。

s

インストールURL

こちらは、よほど特別なことがないかぎり空欄にします。

ブログ名

ここでブログタイトルを決めますが、あとでwordpress内から変更することが可能です。

ユーザ名

wordpressのダッシュボードにログインするために必要なユーザIDです。こちらも後で、wordpress内から変更かのうです。

ユーザ名は、wordpressで記事を投稿した時、ユーザ名を表示する設定にしている場合は、『投稿者』として表示されます。

パスワード

wordpressのダッシュボードにログインするのに必要な、パスワードです。

メールアドレス

読者からお問い合わせをいただくときや、wordpressのコメント通知、など、登録したアドレス宛にwordpressの更新情報が通知されます。

データベース

特に理由がなければ、《自動でデータベースを作成する》にチェックを入れましょう。

必要項目への記入が終われば、《インストール(確認)》を押し、先に進みましょう。そうすると、記入項目に間違いがないか確認するページにいきますので、問題なければ《インストール(確定)》で設定を完了させましょう。

wordpressの環境が表示されますので、wordpressにログインするURLをクリックすることで、wordpress管理画面に行くことができます。

http://あなたのドメイン/wp-admin

s

wordpressが無事にインストールできていれば、ログインページが表示されます。

s

ムームードメインを取得してすぐwordpressをインストールする作業をすると、まだ反映されていないこともありますので、ログインした時に、wordpressのログイン画面が現れないようでしたら、しばらく時間を置いてから試してみましょう。

まとめ

今回は、ムームードメインを取得した後、エックスサーバーに設置したドメインにwordpressをインストールする説明でした。

自動インストールはエックスサーバーだけではなく、ロリポップサーバーにも、『簡単インストール』というものがあり、同じように簡単にドメインにwordpressをインストールすることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事