私は長い間、自分を変えられず苦しんでいました。

明日こそは行動しよう、また明日こそは絶対に・・・!ということを何度も繰り返してきました。

これは、本気で自分を変えようと思ったときに直面する、信じられないほど高い壁です。

自分を変えることが難しいと感じたときにしか実感できないこの壁は、直面すると泣きたくなるほど自己嫌悪に陥ります。

こういった状況というのは、【現状維持バイアス】と呼ばれています。

大きな状況変化ではない限り、現状維持を望むバイアス。未知なもの、未体験のものを受け入れず、現状は現状のままでいたいとする心理作用のこと。
引用:はてなダイアリー

ブログや、youtubeを実践してい稼ごうと頑張っている人だけでなく、日常の生活などにも関わることなので、『自分を変えることができない』という状態に苦しんでいる方はぜひ読んでみてください。

自分が知らないことを知りたくない

これは、自分が変われないという現状維持バイアスとはちょっと違いますが、根本的な部分は同じ話です。

例えば、とあるセールスマンがすごい結果を得られるものを売っていたとすると、人間は二種類の反応を示します。

1つは、「おおすごい!どんなのか試したい!」という反応と、「そんなことあるはずがない!どうせただ売りたいだけ!」という反応です。

2つ目の反応こそが、実は現状維持バイアスがかかっている状態なのです。

実はこういった否定的な反応というのは、「騙されたくない」「自分の知らないことを知りたくない」という気持ちが深層心理で働いています。

この深層心理は自分では認めたくない、もしくは無意識で感じていることです。

「自分が知らないことを知りたくない」というのは、自分が知らないことを知ってしまうことで今まで信じてきたことが崩れ去ってしまう恐怖を感じるからです。

人は、表面的には自分が知らないことが沢山あると理解していますが、中々それを受け入れることができません。

現状維持バイアスは、『変わらない』ということと、『変わりたくない』という気持ちの複雑な気持ちのぶつかり合いなのです。

社会から遠のく恐怖

最初にお話したように、私自身現状維持バイアスにかかっていました。

明日やろう、明日こそはやろう、というのを繰り返していました。

気がつけば、一ヶ月が過ぎ、また一ヶ月過ぎというのを繰り返し、正直言えば何年もこの状態が続いていました。

若い頃であれば、気持ちに余裕もあって「まだ大丈夫」と思えていましたが、正直私もそんなに若くありません。

刻々と歳を重ね、段々と追い詰められている状況に息が詰まる思いでした。

こういった状態になると負の連鎖が続きます。

常にイライラして、変えられない自分や今の現状、変わっていく友人たちに社会。

どんどん世の中に置いていかれる恐怖に押しつぶされてしまいそうでした。というよりもはや押しつぶされてしまっていたと思います。

鬱のような状態で、1日12時間近く寝ていることもありましたし、起きたとしてもぼーっとしてただ一日を過ごすというを繰り返していました。

自分より若い子が大きな成果を出して話題になったり、Facebookで流れてくる友人の充実した日々に嫉妬したり、久しぶりの友人からの連絡に恐怖しました。

少し生々しいとは思いますが、こういった経験をしている人は、実は少なくありません。

私が陥ったこの状態を聞いて、「自分も一緒だ」と共感する方は意外と多いはずです。

あなたが変われない理由

変わらない根本的な理由は、実は”変わりたくない”と無意識に思ってしまっているのが原因です。

「いや!心の底から変わりたいと思っている!」と思うかもしれませんが、無意識下の気持ちというのは、自分では本当に気が付けないものです。

さらに、この現状維持バイアスを繰り返すことで、段々と気持ち的にも影響を及ぼすようになります。

毎日の行動を億劫になり、自己嫌悪に陥り、最悪うつ病になります。

現状維持というのは、つまらないようでいて、実はものすごく居心地がいいものです。

その居心地の良さについ無意識で依存してしまっているのが変われない大きな理由です。

現状維持バイアスを外すには

では、どうすればこの現状維持バイアスから抜け出せるのでしょうか。

まずは、自分が『現状維持バイアス』に陥っていると自覚することです。

そして、今の自分の現状を直視することです。

自分の今の現状を直視し理解する

まずは、自分がどういった現状に陥っているのかを理解しましょう。

実は、自分を直視するのは簡単ではありません。

それが長い間自分を直視してこなかった場合、さらに簡単ではありません。

現状維持バイアスは、自分が苦しみたくないという気持ちがあるため、自分を直視して自分がひどい状況にいると認めたくありません。

多くの人は、何か大きなきっかけが自分を変えてくれると信じてやみません。

そういった外的要因に頼り切っていることからやめることです。

自分が変わるきっかけは時結局は自分の中にしかないのです。

まずはどんなに辛くても今の自分の現状を深いところまで理解しましょう。

自分より若い子が成功していることが妬ましいと思ったら、素直にそれを受け入れましょう。

友人の幸せが羨ましいと思ったら素直にそれを受け入れましょう。

そしてその感情に対して自己嫌悪に陥る必要はありません。

ただし、その環状に飲み込まれないように注意しましょう。

その負の感情をSNSなどに書き込んだりはしないようにしましょう。

自分は、こういったことに嫉妬している、羨んでいると受け入れるところまでです。

積極的に物事に参加しましょう

自分を変えられず苦しんでいる状態に陥っていると、他人との接触が億劫に感じるようになります。

友人からの誘いは断るようになり、イベントごとに参加するのもあまり気乗りしなくなります。

しかし、そういった物事から遠ざかると避けに現状から抜け出すのが難しくなります。

この状態が長く続くと、自分自身を見失いやすくなります。

確かに、友人に会って自分の現状を知られてしまうことは恐怖を感じます。

私は、「今、何してんの?」という旧友のメッセージにビクビクしていました。

成功していない自分を知られるのが怖かったからです。今の自分を知られた”恥”をかきたくなかったのです。

そのため、幾度となく「その日は用事が」「ごめん寝てた」と接触を避けていました。

しかし、相手からすれば、会いたくないんだなとわかることです。

そして、自分を知る友人たちを遠ざけた結果、ほとんど連絡をしてくる友人はいなくなりました。

確かに、地元の友人達とあまり関わりすぎると現状維持を続けてしまう傾向にありますが、かかわらなさすぎても自分を変えるきっかけを逃すことになります。

完璧主義をやめる

自分が思っている以上に世の中はものすごい速さで変化しています。

その流れについていけなくなると、情報を追うのがとても疲れてしまいます。

そうなると、ブログやyoutubeに投稿するネタを探すのが嫌になってきます。

取りこぼした情報の多さに嫌気が指してしまうからです。

しかし、全ての情報を把握する必要はないということを理解しておきましょう。

情報を全てインプットしなくてはいけないという強迫観念は、完璧主義者に多い気がします。

かくいう私自身が完璧主義者に近い性格なため、拾いきれない情報に嫌気がさしてしまいました。

ですが、全ての情報をインプットする必要ないと理解してからは気持ちが楽になりました。

最後に

現状維持バイアスというのは、まだまだ認知されている状態ではないため、中々変われない自分に嫌気が差し、自己嫌悪に陥ってしまいがちです。

しかし、こういった状態というのは自分が無意識で感じていることや、変化を恐れている自分がいることを理解することで、抜け出す道が見えてきます。

まずは、自分が無意識でどんなことを感じ入るのかを直視していくことが大切です。

それでも、自分がどんな状況かよく判断できない場合は、誰かに相談し率直な意見を言ってもらうのもいいです。

私も同じく苦しんだ身ですので、何か相談にのれることもはるはずです。ブログやyoutubeで稼ぐために頑張っているのにどうにもならない、と苦しんでいるのでしたらまず第一歩としてメールを出してみてはいかかでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事