最近、youtubeで新たなユーチューバージャンルとして、Vtuberというがあります。

Vtuberとは、バーチャルユーチューバーと呼ばれる、3Dキャラクターに声をあて、ユーチューバーとして動画を投稿している投稿者を指しています。

youtubeをよく見る人なら、ここ最近誰かしら見かけているのではないでしょうか?

ことの発端は、【キズナアイ】さんというVtuberが2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で話題になったことがきっかけで、他のVtuberの存在が広く知られるようになりました。

その当時はまだ数体しか確認されていませんでしたが、認知されてからは、個人、企業こぞってこのVtuberジャンルに参入し、今や確認できる範囲でも、なんと3000ものVtuberがいるとのことです。

もちろん、僕たちのようなネットで稼ぎたくて、これからyoutubeに参入しようと目論む方にとって気になるジャンルの1つとなっています。

しかし、3Dキャラの制作、動画編集、声優を見つけるなど、コストや労力面から見て、参入の難しいジャンルとも言えるため、初心者の方にはハードルが高いものと言えます。

ただ、最近のVtuber事情もあってか、スマホアプリなどで3Dキャラと自分の表情を連動させて動かすものもあり、そこから自分の声で喋り、初心者なりのスタートを切る方もチラホラ見受けられるようになってきました。

とは言え、個人による脇の甘さも目立つようなハプニングもあるようです。

ある人は、生配信中に顔のモーションキャプチャソフトがダウンし、本人の顔が生配信でさらけ出されたり、他の方では生配信中に彼氏が来たのか、彼氏がちょっかいを出す音や、しまいにはキスをするなどの動作がモーションキャプチャによって、バーチャルユーチューバーの顔がキス顔になるなどの事故が起こったりしています。

最近では、企業が多額のコストをかけ制作したVtuberの収益見込みが甘かったため、運営が厳しくなり、買い取り先を動画で探すなどしています。

これまでのyoutubeアフィリエイトから考えると、リスクが大きなジャンルと言えます。

さて、多くのバーチャルユーチューバーがいるわけですが、問題はこのブームがいつまで続くのか、そしてブームが終焉しても、生き残ることができるVtuberは誰なのかを考察していきたいと思います。

ただ、この考察は、かなりの数のVtuberを対象にすると膨大な時間がかかってしまうため、5人ほどを対象に考察させていただきます。

キズナアイ

Vtuberブームの発端となった人物。

活動は二年ほどで、動画の数も多く、チャンネル登録者数も現Vtuberの中で一番多い。

過去にアカウントが二回ほどBANされたこともあるが、youtubeが厳しくなってきたあたりにタイトルが引っかかる動画を投稿してことが原因とされている。

Vtuberの中では一番、公式的な立ち位置で安定してはいますが、最近は企業色が強く、様々な企業とコラボしたり出演したりしている。

現在も投稿動画は最低でも10万回ほど再生されています。

ただ、チャンネル登録者数に対して最近の投稿の再生数が少なく、緩やかに人気が下降しているなと感じます。

ミライアカリ

【ミライアカリ】としての活動は半年ほどですが、この方の活動時期としては実は4年以上も前からです。

元々は【エイレーン】という名前で活動していて、このミライアカリさんのチャンネルはエイレーンさんから名前を変更し引き継いでの運営になっています。

なのでチャンネルの動画を遡ると、エイレーン時代の動画が残っていて見ることができます。

その頃の動画は割と過激なものが多く、物申す系な動画が多かった。

その当時はyoutubeに参入してきたアフィリエイターをアフィカスと呼ぶなど、お金を稼ぐよりもエンターテイメントの提供を重視していた。1動画制作に20時間以上かけていた。

ミライアカリになってからは、トゲトゲしさは無くなり、下ネタが多い。

ミライアカリとしての人気より、エイレーン人気の方が強かったためか、登場当初よりは落ち着いてきた印象。

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

実はキズナアイよりも早く注目を浴びた存在。

しかし、存在が異質的だったため、他のVtuberに対する人気のスタート的な存在にはならなかった。

素朴な感じと、嫌味なところがないところなどが人気を呼び、声が男であるにもかかわらず、根強い人気を博した。

完全な個人制作&編集。

他のVtuberとは投稿する動画のジャンルが違い、企画的な部分で弱さを感じる。最近は動画の方向性がよく見えないと感じました。

猫宮ひなた

実は、ミライアカリも所属しているVtuberを専門とする事務所『エンタム』に所属している。

主にゲーム配信をしているが、ゲームの腕前がプロ級であるため、そういった界隈での人気も高い。

3Dキャラクターとしては質感など、一番クオリティが高く感じる。

登場してまだ三ヶ月ほどだが、登録者が32万もいる。

ただ、最近は声とゲームをプレイしている人が別人疑惑があがっている。

他のネタ系Vtuberと違い、ゲーム実況系のチャンネルなので、話題のゲームをプレイし、勝つなどの実績を出し続ければ、人気としては続くと思われます。

電脳少女シロ

元々はスマホアプリの『少女兵器大戦』のゲームキャラクターでしたが、Vtuberとしてyoutubeに参戦。

その最、ゲームでの声優と、Vtuberとしての声優は変更になっている。

一見すると、数いるVtuberの中に埋もれてしまいそうな、ただ可愛い声をしただけのVtuberですが、あるゲーム実況をきっかけに人気が急上昇。

可愛らしい見た目や声とは裏腹に、ゲーム時に現れる素の反応が読者を惹きつけている。

笑い方に特徴があるなど、実はこんな一面がある、という部分に人気が集まった。

最近は、勢い的には下がってきており、動画投稿のペースは一日ごとなど早いものの、1動画の再生回数自体は下がってきている。

輝夜 月(かぐや るな)

結論から言うと、このチャンネルが生き残ると思います。

元々、声の人が別の名前で活動しており、その頃からトーク力に定評があった。

そして、Vtuberとしての活動により、その力がさらに発揮されガッチリハマった感じとなっている。

まず何より、動画の作り方が非常に上手い。youtuber御用達の『ジェットカット(動画の余分な部分をカットして動画のテンポをよくする編集方法)』を上手く使い、声の人のトーク力と合わさり、抜群のノリの良さに仕上がっている。

例えば、他のVtuberがアイドルや、オタサーの姫に例えるなら、この輝夜 月さんは学校のクラスにいるノリのよい女子、素で面白いトーク力を持っている友達を連想させる。

きっとあなたの周りにも喋りが面白い人がいると思いますが、それに近い感じです。

アイドルやオタサーの姫というのは人気がいつか落ち込むものですが、友達、という存在はそういった人気とか関係ありません。

このチャンネルは、登場から一年半ほどですが、1動画の再生回数が40万を下回ることがありません。

まとめ

今では、数え切れないほどいるVtuberですが、その中でも人気で居続けることができるVtuberは一握りだと思います。

とは言え、まだまだ伸びしろのあるジャンルなので、他のアフィリエイトyoutuberと差別化を図りたいならオススメできるチャンスです。

今は、モーションキャプチャアプリで簡単に3Dキャラクターを作れますので、少しずつ参入障壁は低くなってきています。

既存のVtuberが多い分、新規参入者は認知されるまでに時間はかかりますが、めげず、しっかりと運営を続けていきましょう。

通常のyutuberのようにコラボ企画などでチャンネル登録者数を伸ばすことができますので、繋がりも大切になってきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事