• SNS
    禁止じゃなくなってる?A8.netやバリューコマースなどAmebaブログ(アメブロ)で可能な楽天とAmazonアソシエイト以外のアフィリエイト方法
    2017年06月30日
  • アフィリエイト
    アフィリエイトとは?種類と始め方を図解で解説
    2017年06月30日
  • SNS
    Twitter上のyoutube・Vine・GIFなどの動画をPC(Mac&Windows)・iPhone・Androidで保存(ダウンロード)する方法
    2017年06月28日
  • ユーチューブ
    ブログで書くようなトレンド記事を、youtubeで動画にしても全然アクセスが集まらない理由と解決方法
    2017年06月30日
  • アフィリエイト
    犬や猫などのペットを飼っている人のブログ運営方法について解説
    2017年06月30日
  • アフィリエイト
    主婦が副業としてツイッターで稼ぐ方法
    2017年06月30日
  • レビュー
    TCDシリーズのWordPressテーマ『Gorgeous』なら他とは違うワンランク上のブログ運営が可能!主な機能をレビュー!
    2017年09月27日
  • アフィリエイト
    アフィリエイトを始めるために準備する『ブログ』についてどこよりも分かりやすく解説
    2017年06月30日
  • ユーチューブ
    日本の『著作権』に対する取り締まりはもはや化石!クリエイティブ・コモンズの生みの親が語る「法が創造性を圧迫する」という今のデジタルカルチャーにおける法律の問題
    2017年06月25日
  • アフィリエイト
    アフィリエイトを始めるのに必要なノートパソコンの最低限のスペックはどれくらい必要?
    2017年06月30日
WordPressでブログの見出しをカスタマイズしたのにサイトに反映されない場合の解決方法

WordPressで運営しているブログの運営に慣れてくると、カスタマイズにも興味を持つと思います。

その中で比較的簡単にできるカスタマイズとして、『見出し』のカスタマイズがあります。

見出しは、<h1><h2><h3>というタグで囲まれたもので、文章の重要な段落ごとに見やすくする役目があります。

この見出しのデザインは、使用しているWordPressテーマでそれぞれデザインが用意されています。

ただ、自分の好みとは違ったり、中には見づらいなどの問題があります。

そこで、自分なりにカスタマイズすることで好みの見出しに変えることができます。

実際にカスタマイズしてみるといくつかつまずくことがあります。

その一つとして、カスタマイズしたはずなのに、ブログに反映されないことがあります。

今回は、見出しをカスタマイズしたはずなのにブログに反映されない場合の解決方法をいくつかご紹介します。

キャッシュの問題

カスタマイズが反映されない問題の多くは、『キャッシュ』の問題が上げられます。

キャッシュは、見出しのカスタマイズのみだけでなく、ブログになにかしら変更した全てに影響してしまいます。

なので、WordPressのカスタマイズ自体が反映しない場合は、キャッシュの問題を疑いましょう。

シークレットウィンドウを使う

解決方法の1つとしては、ブラウザの機能の1つ、『シークレットモード』を使ってみましょう。

Chromeというブラウザでは『シークレットウィンドウ』というのがあります。

この機能を使えば、クッキーやキャッシュの影響を受けずにブログを見ることができます。

ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザの設定から、溜まっているクッキーやキャッシュを削除する機能を利用することができます。

Chromeを使っている場合、《設定》→《詳細設定》→《閲覧履歴データを消去する》でキャッシュを削除できます。

パスワードは削除してしまうと、入力フォームに自動で挿入してくれるパスワードが消えてしまうので、チェックは入れないようにしましょう。

キャッシュを削除後、再度ブログの表示を確認してみましょう。

プラグインを停止

他にも、デザインのカスタマイズが反映されない原因として『プラグイン』が上げられます。

ブログの表示スピードを上げるため、キャッシュ系のプラグインを入れている方も少なくないと思いますが、キャッシュ系プラグインは扱いが難しく、WordPressテーマや、状況によっては上手く作動してくれない場合あります。

なので、カスタマイズが反映されない、もしくはブログのデザインがいきなり崩れるなどの問題が起きた場合はプラグインの原因も視野に入れ、プラグインを一度無効化してみましょう。

CSSの記述ミス

単純なミスで、見出しのカスタマイズCSSが間違っていることがあります。

例えば、多くのWordPressの見出しタグは<h1><h2><h3>などですが、極稀に、独自のタグにしている場合があります。

通常→h2

稀に→content.h2

なので、本文中の見出しを<h2>タグで指定してカスタマイズしても、WordPressテーマで使用されている本文中の見出しタグが違うため、反映されないという問題が起こります。

カスタマイズしたい見出しのCSSが使用しているWordPressテーマでは通常と違わないか事前にチェックしておきましょう。

あとは、単純にスペルミスなどがないかをしっかりとチェックしてみましょう。

サーバーの機能が原因の場合

WordPressを運営するために契約しているサーバーにはそれぞれ高速化するための施策が施されています。

例えばエックスサーバーであれば、『mod_pagespeed』という機能があります。

こちらの設定がオンになっていると、ブログのカスタマイズが反映されない場合があります。

他の方法で解決しない場合は、こちらの設定がオンになっていないか確認してみましょう。

拡張機能を使ってキャッシュを削除

Chromeブラウザであれば、拡張機能を使ってキャッシュを利用しないことができます。

僕がChromeで使っているキャッシュを簡単に無効化することができる拡張機能をご紹介します。

『Cache Killer』という拡張機能があり、キャッシュを利用するかどうかブラウザ上からワンクリックでオンオフを切り替えることができます。

まとめ

キャッシュは、普通にネットを利用している限り全く気にならないというか、存在すら分からないものですが、ブログ運営者や何かしたらインターネットに携わる仕事をしている人であれば必ず知ることになります。

キャッシュは素人の方が理解するには複雑なものですが、アフィリエイトする上では最低限のことさえ知っていれば大丈夫ですのでご安心下さい。

WordPressのプラグインにはキャッシュ系プラグインが多くありますが、使用しているWordPressテーマによっては不具合を起こすこともありますので、扱いには十分に気をつけましょう。

もしカスタマイズで反映されないなどの問題があり、どうしても解決できずに困っている場合は遠慮せずに僕までご相談ください。

コメントを残す

ワードプレスの関連記事
  • ゼロから学ぶ"バイラルメディア”の作り方!ドメイン&サーバー編
  • wordpressプラグイン【Google XML Sitemaps】を使って簡単にXMLサイトマップをサーチコンソールに設定する方法
  • ゼロから学ぶ"バイラルメディア”の作り方!WordPress&テーマ編
  • 『バイラルメディア』の収益を上げるためにおすすめなWordPressテーマ8選
  • エックスサーバーに設置したドメインにwordpressをインストールするまでの手順を具体的に解説
  • ドメインそのまま!ロリポップからwpxレンタルサーバーに引っ越す方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事