PR

ネットで稼ぐことの最終地点の1つとして、『情報発信』というものがあります。

情報発信とは、自分が持つ知識をアウトプットし、自分のコンテンツだったり、コンサルだったりを販売することを目的としてビジネスです。

アフィリエイトのように広告主と提携し、売上の何%かをいただくのとは違い、自分のコンテンツを売るため、売上の全てが自分に入っています。

さらに、自分が人生と時間をかけて得てきた情報を1つのコンテンツにまとめるため、単価を高く設定することができます。

そのため、月に100万ほどは割りと多くの人が稼げます。

さらに、しっかりと流れを循環させることができる人は、月収1000万円とか稼げてしまいます。

個人でこのくらいの額が稼げてしまうため、ネットで稼ぐことの最終地点として情報発信を始める方も少なくありません。

ただ、初めて情報発信をしていこうと思っていざブログを作って記事を書こうとしたり、メールマガジンを書こうとしてみると、「何を書けばいいのか分からない…」という不安に襲われます。

そして一番壁になるのが、『自分なんかが情報を発信できるのか』というメンタルブロックです。

この症状は『完璧主義者』ほど陥りやすいです。

情報発信するからには、正しいことを書かなければいけない、というプレッシャーに襲わやすくなります。

そうなると、記事に『完璧』を求めてしまい、書いては消し、書いては消しを繰り返したり、結局書けずに何もしない、ということになったりします。

実際、僕はそういった症状に悩まされていました。

ブログのデザインも完璧にしなければいけない、書くことは必ず正しいことを書かなければいけない、というプレッシャーに何度も押しつぶされ、いくつかのブログを放置してきました。

最初は完璧に出来たつもりでも、あとで見返すと全然良くないと思ったり、ライバルを見て、「ライバルよりいい記事を書ける自信がない…」とモチベーションが下がったりと、非常に苦労しました。

実は、こういった症状に陥る人は少なくありません。

今回は僕自身の経験も踏まえて、そういった症状に陥った時の対処方法について解説していきます。

情報発信は責任が重い

情報発信を躊躇してしまう原因の1つとして、『責任』があります。

情報発信は、周りから調べて寄せ集めたような情報ではなく、自分の経験などから記事を書いていきます。

なので、もしユーザーから「それ、間違っていますよ?」と言われることにとても恐怖を感じるようになります。

全ての人があなたを認めてくれるわけではないことを理解する

人から否定されるのは、いくつになっても慣れることはありません。

ましてや他人に否定されるということは、人生を否定された気持ちになります。

僕もコメントなどで、否定されたりすると、すごく凹んでいました。

コメント欄を閉じていたときもあります。

そして、中には誹謗中傷するような人もいます。

しかし、当たり前のことなのですが、人それぞれなのです。

僕の場合は、良いコメントをくれる人と接するようにしました。

嫌なコメントを消しても良かったのですが、あえて残しました。

感謝してくれたり、本当に困っている人に対してのみコメントを返すようにしました。

そして気がついたのは、大切なのは情報自体が正しいか間違いかはさほど重要ではないということです。

とは言え、テキトーなことを情報発信していいということではありません。

ちゃんとした最低限の知識の中で、「自分の考え」を述べることが大切ということです。

例えば、サイクリングについて情報発信をするとして、乗る前に気をつけること、走れるコースについては、しっかりとした情報を伝えることが大切です。

ただ、どういう自転車がおすすめか、どういうウェアがおすすめか、どういうパーツが…など、『絶対的』な答えがない情報をあなた自身の考えることが重要です。

万人に受けることは不可能と、頭では分かっていても、記事が書けない状態というのは『万人受け』を意識してしまっている状態です。

情報発信は、アクセスを沢山集めなければ稼げないものではありません。

アクセスが多いに越したことはありませんが、集めるべきなのは『ファン』です。

集めるべきは『ファン(濃い見込み客)』

ファンというのは、非常に『濃い見込み客』です。

見込み客というのは、購入意欲が非常に高いお客様です。

なので、ブログにアクセスが1万人集まったとしても、購入意欲の低いユーザーを集めても、あまり稼げません。

対して、濃い見込み客を1000人集めることが出来れば、購入意欲の低いユーザーを1万人集めたときよりも稼げます。

アフィリエイトを始めると、『アクセスが大切』ということを学びますので、この辺は実際に稼げるまではピンと来ませんが、他の情報発信のブログはだいたいこういった仕組みを理解しています。

そしてファンは、リピーターになってくれます。

新規とリピーターならリピーターが大切

アクセスは、新規で訪れているものか、同じ人がまた訪れているものかの2種類です。

どちらがアクセスとして大切かというと、『リピーター』です。

もちろん新規も大切です。

ただ、新規だけを集めても、稼げる可能性というのはまだ低いです。

なぜなら、初めて訪れただけでは『信頼関係』が築けていないからです。

ファンというのは、あなたがアイドルではない限り、通常は接触回数を増やすことで増えていきます。

『ザイアンスの法則』というのをご存知でしょうか?

『単純接触効果』とも呼ばれています。

これは、繰り返し接することで好感度や印象がよくなっていくというものです。

この効果によって人は、他人を信用していきます。

例えばあることを調べたときに出てきたブログが、また違うタイミングで同じブログが出てきたら、『このブログは信用できるな』という安心感というか、信頼感が生まれた経験はないでしょうか?

なので、何度もブログに訪れてくれるリピーターが最も見込み客に近い存在になります。

あなたの考え方に共感する人を増やしていけばいい

ファンというのは、正しいことを伝えることで増えていくものではありません。

情報発信はすでに多くの人が行っています。

なので、あなたが情報発信しようとしているテーマも、すでに誰かが行っています。

例えば、正しいことを伝えなければならない場合、みんな同じような内容になってしまう恐れがあります。

そうなったら、ユーザーとしては、どのブログを見ても同じことしか書いていないし、みんな同じ答えでつまらないと思うことでしょう。

そういった問題の差別化となるのが、あなた自身の考えを書く、ということです。

そして、あなたの考えに共感した人があなたのファンになっていきます。

先程、僕が言った『良いコメントをくれる人と接するようにした』ことで、ファンもでき、信頼関係もどんどん築け、稼ぐことができました。

ファンにならない人というのは、否定有りきで接してきます。

そのため、いくら僕達が親身になってもファンになることはありません。

そこに時間を使うことは、労力的にも、精神衛生上にもよくありません。

なので、あなたは、自分のファンになってくれる人に対してだけ情報発信しましょう。

ただ、これを言うと今度はファンに嫌われることに不安になることがあります。

しかし、ファンというのはそう簡単に離れるものではありません。

芸能人の不祥事を見てもそうです。

逮捕されても、擁護している人を見たことないでしょうか。

さらに、ファンを作ることができるようになっているということは、1人ファンを失ったとしても、その分以上のファンを獲得できるようになっています。

なので、あまり気負いせず情報発信をしましょう。

コンサルを安くしないほうがいい理由

コンサルって、受ける時は高く感じますよね。

何十万や、中には100万円以上コンサル料で取っているところもあります。

これを高いと感じる方は多いです。

ただ、情報発信をしてみると気が付くことがあります。

販売する情報は、自分自身が時間と人生をかけて経験したものです。

それを安く売る必要はどこにもないということです。

例えば、務めている会社の社長さんが、会社を経営する方法、お金の運用方法、社員の雇い方、とにかく社長が培った全てをお金を払って教えてもらえるとしたら、10〜30万円が打倒だと思いますか?

決してそんなことはないと思います。

何百万したって不思議ではありません。

それは、あなたが発信する情報も同じです。

あなたが発信する情報というのは、何十万として売るだけの価値があります。

あなたが何十年かけて培った情報です。

十分に価値があります。

なので、あなたが情報発信をしてコンサルやコンテンツを売る時、申し訳ない気持ちで値段を安く設定したりせず、堂々と「自分が培ってきた情報の価値はこれくらいだ!」と示した額で提供しましょう。

ただ、世の中のお財布事情を考えた値段設定にしましょう。

その結果が今のコンサルの相場10〜60万円ほどということです。

そして、値段を下げない方がいい理由として、購入者の『質』が変わることが上げられます。

確かに安ければ、それだけ購入者が増える確率が上がります。

ただし、参加のハードルが低ければ低いほど、言葉は悪いですが、購入者の質が悪くなります。

文句を言ったり、行動しなかったり、とにかくクレームが多くなりやすくなります。

このことは、実際に行ってみないと分からない部分です。

経験してみるのもいいと思います。

情報発信で得るお金は『対価』

情報発信により僕達がお金を稼ぐということは、購入者がその情報に価値を感じるからです。

ただ、売れば終わりではありません。

買ってくれた人がその情報によって変化してもらうことが目的です。

むしろ売れてからが重要と言えます。

しっかりとアフターケアをしましょう。

まとめ

情報発信は、メンタルブロックが原因で上手く行かないことが多いです。

そのメンタルブロックさえ解ければ、ガンガン稼ぐことができるようになります。

ただし、しっかりと購入者のことを考えたコンテンツを作りましょう。

全てのユーザーに向けて情報を発信するのではなく、あなたのファンに対して情報を発信していく。

ただアクセスを集めるよりも、見込み客を集めたほうが稼げる。

どういう情報を発信してけばいいのか、どういう風にお金に変えるのか、情報発信について分からなことがあれば、遠慮なく僕までお聞き下さい。

PR

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事